パート

忙しくて時間があまり無いけど収入が欲しいという方や、主婦業の傍らにパート(アルバイト)をしたい方、このご時世に少なくないようです。
ですが、いざパートを始めるにあたっては様々な準備が必要になります。 このサイトでは、特に主婦に向けたパートの始めかたや知っておいた方が良い予備知識、その他の疑問について紹介しています。

派遣の仕組み

派遣の仕組み
「派遣社員」とよく聞きますが、その仕組みについて知っていますか?メリットやデメリットなどの紹介。

SOHOってなに?

SOHOってなに?
自宅で働くことが出来るSOHO。SOHOワーカーなどと言われることもありますが、具体的に解説します。

「パート」と「アルバイト」の違いとは?

パートとアルバイトの違いはご存知でしょうか?
日常的な使われ方では、両者に大差が無いように使われていますが、元々は微妙な違いが定義されているのです。

実際の現場では一緒にされているところや、名前だけで扱いがほぼ同じという職場もあるようで、はっきりと明確に区別されていないのが現状といったところでしょう。

労働内容から見た両者の違い

具体的にどういう点でパートとアルバイトが分けられているのか、解説しましょう。

パート

短時間労働者に関する法律では「1週間における所定の労働時間が、同職場の通常の雇用者(いわゆる正規雇用者=正社員)よりも少ない労働者」と決められています。

それ以外は正規雇用の社員と違いは無く、休暇の取得や保険などの待遇が同じであると定められていますが、現状では現場次第…であると言えます。

日本では“パートは女性”というイメージが強いようですが、実際には性別の制限等は設けられていないので、男性をパートとして雇うところもあります。

一般的には正規雇用の社員より労働時間も労働賃金も少なく、30歳代、40歳代の女性がパートさんとして雇われる場合が多いようです。

アルバイト

短時間労働に関係する法律上の取り決めは同じですが、こちらはイメージ的には男女の区別はあまり無いようです。

給与は日給や時間給で支払われる場合が多く、アルバイトとして雇われる年齢層も、学生〜20歳代と比較的若い年齢層に見られます。

アルバイトのメリットとしては、手軽に働けて即金(日金)が手に入るので融通が利くなどが挙げられますが、正規社員とは別視されることが多く“所詮はアルバイト”のように扱われる事も少なくないようです。

また、パートと違うのは「雇用される期間」です。

パートは決められた少ない時間に労働をしますが、労働時間に関係する事無く、ある決められた一定期間(数週間〜数ヶ月など)の間だけの雇用される、という違いが設けられています。

アルバイトとパートの現状

このように様々な取り決まりが形式上設けられていますが、実際にはその雇用現場次第である…と言わざるを得ないのが現状です。

パートでもほとんど正規社員と変わらない待遇で、扱われる区分だけが違う場合やその逆(正規雇用社員でもパートと変わらない)という場合もあり、現場によって千差万別です。

雇用されてから自分の希望と違っていても遅いので、労働時間・それに対する賃金や保険の有無や、待遇の違いなどが気になるようであれば雇用が決まる前や面接を受ける時に聞いておくのがベストです。

当サイトは2010年現在の情報を基にして作成されました。
税金や雇用保険の制度などは、お住まいの地域によって異なる可能性があります。
実際に手続きをを取る際には各自治体や市役所などの機関へ確認されることを勧めます。