社会保険

パートやアルバイトとして働く場合でも、社会保険を付けてくれる企業や会社がありますが、この社会保険への加入条件をご存知でしょうか。
働いていれば誰でも入れるというものではなく、一定の条件が設けられています。
パートという立場から見た「社会保険」の加入条件などを紹介しましょう。

社会保険の大切な役割

国が管理する、生活するうえでなんらかの障害が起きた場合にそれを保障する保険です。

日本の社会保障の制度であり、トラブルによって個人が貧困状態に陥る事を防いだり、事故などで個人ではどうにも出来ない場合に集団で救済しようというものです。

広義で言うか狭義で言うかによって、分類される保険の種類が変わってきますが、一般的には厚生年金保険、健康保険(医療保険)、介護保険などの保険を総称して“社会保険”と呼ぶようです。

広義の意味の社会保険では、これに雇用保険や労災保険(労働者災害補償保険)なども含めて5つを「社会保険」と定義しています。

社会保険の役割

生活をしていく上で、職業を失ったり、就業中の様々な災害、介護が必要な場合、病気を患ってしまった場合などに生活を保障する役割を持っています。

また、基本的に強制加入とすることで余り無く保障する事も目的としています。

「パート」から見た社会保険

パートの立場から考えた場合、社会保険とは“厚生年金保険”と“健康保険”を意味するのが一般的でしょう。

“備えあって憂いなし。”という言葉がありますが、入れる(企業側から入れてもらえる)ようであれば、入っておいた方が良いでしょう。
万が一の事態にも、慌てないで済む事があります。

社会保険の加入条件

1日につき、又は1週間に決められた労働時間が、同じ職場の正社員の労働時間の4分の3以上。

1ヶ月につき、決められた就労日数が、同じ職場の正社員の4分の3以上。

この2つの条件を満たした場合には、パート・アルバイトに関わらず社会保険に加入しなければいけません。

また、年間の収入額でどうこうという条件は決められていません。
年収150万円だろうと、年収30万円だろうと、上記の2つの加入条件を満たしていなければ強制的な被保険者として扱われません。

逆に言うと年収がいくらであろうと、加入条件を満たしていれば強制加入となります。

社会保険の実態

社会保険料は、原則として会社も負担する事になります。

ですから、経理上の理由としては労働者を社会保険に入れない方が経費が安く上がるので申し出が無いと入れてもらえない…という現場があるのも悲しい事実です。

中にはパートだからといって労働契約書に社会保険には入れないという旨を記載して雇用したり、念書のような書類を書かせたり、労働者側から入れないで欲しいという申し出を受け入れたりという職場もあるようです。

パート・アルバイトにおいても会社や労働者間でどんな書類を交わそうとも、法律上、その効力はありません。強制被保険者であるのに加入しないという事は明らかな違反になりますので、十分に注意するようにしましょう。