面接対策

履歴書を送ったら(書類選考を通過したら)、次は面接ですね。
色々な状況で受ける方はいらっしゃると思いますが、面接を受けるときのポイントや小さな疑問について解説しましょう。

面接対策で見られているポイント

まず注意しておきたいのが、正社員(正規雇用社員)ではなく、パート募集での面接だという事です。

正社員での募集時にリクルートスーツを着ていくのは一般的ですが、アルバイトやパートの面接時には必ずしもスーツを着なくても良いのでしょうか。
では、一体どのような服装で行くのが望ましいのでしょうか?

そのような点についても解説していきましょう。

面接を受けるときの服装について

上記のように、正社員募集の面接にリクルートスーツで行くのは一般的とされていますが、アルバイトやパートの面接時はどうなのでしょうか。

パートやアルバイトの面接だからといって、Tシャツにジーンズ、ジャージなどといったラフな服装で望んでしまうと、まず良い印象は与えられないでしょう。

必ずしもスーツが必須ではありませんが、スーツが無い・スーツを着たくないといった場合や、前もってスーツでなくても良いという連絡があった場合は黒っぽい、落ち着いた服装が良いようです。

上着はジャケットで、あくまでカジュアル過ぎないようなデザインのもの。
インナーは派手でないシンプルなカーディガンなどに黒っぽいズボンなどがおすすめです。

カジュアル過ぎるような“オシャレ”の面に力を入れた服はあまり印象が良いとは言えず、逆に“たかがパート(アルバイト)”だと思っているという印象を与えてしまいかねません。

スーツではやはり“ヤル気”や“誠意”を感じさせるような印象を与えることが出来ます。

もし貴方が経営者や採用担当の立場である場合、そのような両者を比べてどちらを採用したいと思うでしょうか?

基本的にはスーツでもOKというところがほとんどですので、迷うようであればスーツを着ていくようにすると大丈夫でしょう。

面接対策【話し方】

面接ではその人の人柄や言葉遣い、態度などを見極められるので、下を向かずハキハキと丁寧な言葉遣いで応対しましょう。

伏し目がちであったりごもごもと聞き取れないような声で喋ると、あまり良い印象を与えることが出来ません。

面接官が見ているポイントの対策

仕事を任せられるかどうか

これから任せようとする仕事をその人がこなせるかどうかをまず見られています。
接客業であれば人との接し方、事務職であれば資格等の事について質問されるでしょう。

自身を持った態度で、はっきりを自分が出来ることを伝えましょう。

その人の性格について

全然話せないようであったり、下を向いたまま目を合わせられないような人、やけに自身が無さそうな人などだと、なかなか採用とは結びつかないでしょう。

しっかり前を向き、ハッキリと笑顔で喋る事でよい印象を与えることが出来るでしょう。

その他

そのほかには携帯電話の電源を切るだとか、面接の時間に遅れないようにするだとか人として当然のマナーにも気を付けましょう。

ハローワークなどでの募集要項だけではよくわからなかった点は、面接の前にしっかりチェックしておき、「なにか質問はありませんか?」と聞かれたときにスムーズに質問できるようにしておきましょう。