電話対応・出社初日

面接を受けようと思っても、求人票には必要最低限のことしか書いていなく、詳細がわからない・・・という場合に電話で問い合わせる方法や、無事に面接も通過して採用となり、出社する初日のポイントを紹介しましょう。

会社に電話で問い合わせる方法

相手方(応募する会社)に電話で問い合わせや質問をする際、失礼の無いように・悪い印象を与えないように気をつけましょう。

時間帯について

業種や職種にもよりますが、忙しい時間帯に電話をかけても相手の迷惑になってしまいます。
電話のタイミングが悪いと相手に迷惑をかけてしまうだけではなく、こちら側としても満足に対応してもらえない可能性があります。

多くの場合、共通するのが

1. 始業後すぐの時間帯
2. お昼どきの時間帯
3. 夕方〜夜にかけての時間帯

には電話をかけないようにしましょう。

午前8〜9時といった始業後すぐの時間帯はもちろんバタバタしているでしょうし、午前12〜午後1時は昼食と重なってしまうかもしれません。
午後6〜7時も終業に向けて忙しい職場もあるようです。

狙うのであれば、午前11時前後や午後3時前後頃を目掛けて電話をかけるとスムーズに取り次いでもらえる可能性が高いでしょう。

最低限のマナー

言葉遣いや態度

一番の基本的な部分ですが、電話を受ける/かける時の言葉遣いや態度はしっかりと出来ていますか?
綺麗な言葉づかいで、はっきりと相手が聞き取りやすいように話せていますか?

いくら出来ているように繕っていても、ふとした瞬間に自分の“素”の部分が出てしまう場合もあります。

できれば普段から言葉づかいなどのマナーに気をつけるようにすると、面接や電話をかける時などのいざという時にも自信を持って応対出来るでしょう。

まず自分から名前を名乗る

いきなり電話をかけて用件や質問を伝えても、相手にはどこの誰だかわかりませんよね。
ですから、電話をかけたらまず自分がどういう者であるかを伝えましょう。

パートの募集を見て問い合わせをしたのなら“パートの募集の件でお電話させて頂いた○○と申しますが”、バイトであれば“○○と申しますが、アルバイトの募集の件でお電話させて頂きました”などと言い、名前を名乗りましょう。

良い印象を与える方法

名乗るよりも前に“お忙しいところ申し訳御座いません”と一言置くようにしましょう。

この一言があるだけでも相手に“相手に対する気遣いが出来る人”という印象を多少なりと与えることが出来ます。

たかが電話ひとつ、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、電話からも人柄やマナーが伝わりますので、電話1本でも面接だと思って丁寧に応対しましょう。

初日出社で気をつけたい点

 

出社する時間や通勤にかかる時間

決められた出社時間や、通勤の道のり、通勤にかかる時間を前もって調べておきましょう。
また、初日は15分〜30分程度余裕を持って到着するように心がけたほうが良いでしょう。

初日から遅刻をしてしまう…などという失態を避けるためにも、なるべく前日までには準備をしておく事を勧めます。

第一印象について

初日は社長や上司、同じ部署の方などと様々な方を初めて顔を合わせることになるでしょう。
そこで暗い顔やつまらなそうな顔をしていたらどのような印象を与えてしまうでしょうか?

第一印象はその後の印象にまで影響するとても重要な要素です。
悪い印象を与えないように、笑顔でハキハキと受け答えする事で明るく爽やかな印象を与えることが出来るでしょう。

わからない事は聞く

初日出社ですから、当然わからない事だらけで戸惑ってしまうことが多々あるでしょう。
ですから、わからない事は周りの人や上司などに聞くようにしましょう。

わからないことを放っておいてもわからないままなので、早く職場に慣れる為にも聞くクセをつけましょう。