SOHO

近年よく目にする「SOHO」とは、“Small・Office/Home・Office”の頭文字をとった言葉で、自宅や小さなオフィスでIT通信技術を駆使して会社を起こした事業者のことを指しています。
そこに従事する人たちを「SOHOワーカー」などと呼び、在宅アルバイトとは少し違う分類として定義されています。

「SOHO」のメリットやデメリット

SOHOというもの自体に対しては、明確な定義がなされていないのが現状です。

原因としてはメディアやマスコミがSOHOという言葉の響きだけで勝手に判断して、本来SOHOにあたる場合とそうでない場合も同様に扱ってしまったため、今でも人々に明確な認識がされていない傾向にあります。

SOHOでのメリットとは?

自宅で仕事が出来る

インターネットが出来る環境さえあれば、自宅で仕事をすることが出来ます。

つまり、堅苦しいスーツを着て出勤しなくてもよく、人付き合いが苦手な方でも、自宅に居るので気にする必要がありません。

スケジュールは自分で立てることが出来る

基本的にはその日の計画は自分で決めることが出来ます。

1日の時間のうち、どの時間を仕事に充てるかを自分で決めることが出来るので、急な用事や病気に対しても融通の利く対応が出来るのがメリットの一つです。

仕事の掛け持ちも

たくさん働いてたくさん収入が欲しいという方は、他の仕事と掛け持ちしてSOHOをする事も出来ます。

1日のスケジュールはハードなものになりますが、バイトやパートとして働き、更に空き時間をSOHOで働く事で収入を得ている人も居るようです。

SOHOのデメリットとは?

収入が安定しづらい

SOHOという仕組み自体が、請け負いをする事から仕事が発生するシステムなので、どうしても収入額(月収)が安定しづらいというデメリットがあります。

毎月安定した収入が得られる正社員などの形態と違って、不安定な要素を持つ特徴があります。

自己責任・自己調整

自宅で働くので自由度が高い反面、しっかり自分自身で仕事や時間を管理する能力が問われます。

いわゆる“自分には甘い”という性格の人の場合では、仕事にならないという可能性が出てきます。

また、基本的には仕事も自分で探してくるかたちになります。

しっかりと自分自身で仕事を持ってきて、時間効率も管理しながら働くことが出来る人がSOHOに向いていると言えるでしょう。

SOHOで気をつけたい注意点

自分の身は自分で守る

SOHOにおいても、在宅アルバイトと同じように、詐欺まがいの悪質な会社やサイトが未だに横行しています。

明らかにあやしいと思われる謳い文句や、初期費用だけで高額な金額を提示された場合は詐欺の可能性が考えられますので、断るようにしましょう。

決められた納期を守る

つい仕事という意識が低下してしまいがちなSOHOですが、仕事の納期は待ってくれません。場所がどこであろうと仕事は仕事です。

納期を守れない場合、会社からの信用を無くすと同時に今後の回ってくる仕事にも影響してきます。
仕事が回ってこないと収入にも関わってきますので、気が緩みがちな環境でも納期はしっかり守りましょう。