パート・トラブル

パートやアルバイトで起こりやすいトラブルを項目別に紹介します。
法的には扱いが変わらないのに、パートだからといって本来与えるべき待遇を与えていない職場もあるようですので、もう一度確認しましょう。

ありがちなトラブル(項目別)

パートは休み(有給休暇など)を取れない?

アルバイトやパートだと、有給休暇を取れないのではないか?という質問や決まりをよく目にします。
中には本当に取れない(事実上取らせない)職場や会社もあるようです。

ですが、パートのための労働基準法(1)で説明したように、半年(6ヶ月)以上続けて勤務していて、全体の80%以上出勤している方であればパートタイマーやアルバイトでの労働者でも有給を取って良いという事が法律で決まっています。

パートタイマーは昇給してもらえない?

パートタイマー法が改正されてから、労働者を採用する時に書面にて昇給や退職金についての決まりを説明することが出来るようになりました。

それと共に、パートタイマーに持たされる仕事上の責任や業務内容が同一である場合には、正社員とパートタイマー間の賃金での区別を禁止されるようになりました。

また、現在のパート労働者から昇給の申し出があった場合は、使用者側は考慮した点などを明確に説明する義務が課せられました。

つまり、昇給や退職金に関する事項は、採用時に説明を受けることが出来ます。

契約を解除(解雇)されてしまった

一定期間ごとに契約を更新しているパートやアルバイトの場合は、当然ながら契約期間が満了すると契約を解除しなければなりません。

いくら毎回のように契約を更新していても、採用時に説明を受けた期間や更新が無かった場合はそこで契約が解消されます。
契約を結ぶときにしっかり確認しておきましょう。

また、急に「明日から来なくて良い。」というような事を言われたというケースがありますが、使用者側は何の理由も無く突然に労働者を解雇をする事は出来ません。

更に、即日解雇である場合には“予告手当”という手当を請求することが出来ます。

1週間の勤務時間を変えられた!

例えば、契約時に週20時間なら20時間と決められたはずの労働時間を、使用者側から一方的に変更する事は出来ません。

もちろん使用者側から見て優秀である方を多く働かせたい(優秀で無ければあまり働いて欲しくない)という意向はあるかもしれませんが、不当に労働者の不利益に当たる行為はしてはいけない事になっています。

勤務時間などを変更したければ、両者の話し合いの下に合意をしてから変更をするのであれば問題はありません。

残業代をもらえない事も?

例えば1日6時間勤務だとして1時間残業して、計7時間勤務をしたとします。
この場合残業手当はもらえない事もあります。

これは労働基準法により、1日の勤務時間が8時間を越えなければ、会社側は残業手当を支払う必要はないという事が決められています。

8時間契約で1時間残業すると、9時間勤務になり手当を請求することが出来ますが、8時間以下の場合は残業をして、手当をもらえなくてもしょうがないのです。